亀田興毅さんが長すぎた春に終止符、同級生と結婚!

亀田興毅さんが結婚

2012年02月20日(月)

亀田3兄弟の長男でプロボクシングのWBA世界バンタム級王者・亀田興毅さんが結婚するらしいですね。お相手は中学校の同級生で、亀田プロモーション役員の女性とか。3月3日に入籍して5月16日にハワイで挙式・披露宴を行う予定だそうです。

プロボクシングどころか、スポーツを極端に知らない「運痴」の私ですが、それでもさすがに亀田興毅さんの名前だけは知っています。あのイガグリ坊主のボクサー?( ゚д゚ )!

興毅さんは現在25歳。中学校の同級生だったこの女性に交際を申し込んだのが中学2年の時だといいますから、あらま、ずいぶん早熟ですね。この女性、高校を卒業した後、まだチャンピオンになっていない興毅さん支えながら、都内で同居を開始したそうですから、「糟糠の妻もどき」というところでしょうか。なんだか女性の純情な思いに泣けてくるようなお話ですが、古ぼけた私には、このお話がなぜか将棋の坂田三吉とその妻・小春にダブります。そんな話をしてもお若い方は知らないか(>_<)

この女性、弟の大毅、和毅の面倒見が良く、父の史郎さんの信頼も厚いといいますから、女性の鑑、妻の鑑なのかもわかりません。

関係者によると、興毅は「3階級制覇して25歳になったら、結婚しようと決めていた」と話していたといい、昨年12・7大阪でV3に成功した後、オフにハワイ旅行した際にプロポーズしたという。婚姻届の提出は興毅が好んでこだわっている「3」並びの3月3日に決定。12度目の交際記念日となる5月16日に、結婚を約束した思い出の地であるハワイで挙式・披露宴を行う。
 芸能人やスポーツ選手が一人前になるまでは、相手がいても結婚を控えるケースはよくあること。しかし、興毅の場合は同棲開始から実に7年。ボクシングでもとうに実績を残していた。相手女性にとっては、あまりにも遅すぎた春といえそうだ。とはいえ、12年に及ぶ一途な愛を貫いた興毅は、男の中の男といえそうだ。
リアルライブ(2012/2/20)

遅すぎた春、長すぎた春。それでも思いを一筋に貫いて結婚にまで漕ぎ着けたのは、亀田興毅さんが男の中の男だったからかもわかりませんが、お相手の女性が、女の中の女だったからかもわかりません。

・・・とはいえ、長すぎた春は世間ではなかなか成就が難しいとされています。長すぎた春のせいで結婚できなかったあなた、がっかりしないでくださいね。結婚できなかったのはあなたのせいなんかではありません。結婚ってね、縁なんですよ、ただただ縁なんですから。

<PROFILE>

お世話焼き大好きなおばさんです。まとめたカップル数知れず。結婚をめぐるお話をばちょいと。


QLOOKアクセス解析