結婚前にやりたいことは貯蓄、結婚後にやりたかったことは清算

結婚前は貯蓄、結婚後は清算?

2012年02月27日(月)

『ゼクシィnet カップルのホンネ通信vol.67』、「結婚前にしておきたいこと&しておきたかったことは?」という記事がありました。

「結婚前にやっておきたいこと」の1位は同性との海外旅行、2位が貯蓄、3位がダイエット・エステなんだそうです。その中でも、未婚の男女の6割が貯蓄をしておきたいと回答しているのは殊勝な考え、ずいぶんしっかりしているなあという感想を持ちます。でも、現実的に考えると貯蓄は難しいのではないでしょうか?

20代、30代に支払われるお給料の範囲で貯蓄するとしたら、かなり倹約しないと難しいものがあります。実家から通勤している方であれば貯蓄も可能かもわかりませんが、実際のところ、実家で生活していても生活費だけは毎月入れているという人も多く、手元に残るのは4万円ぐらいが平均のようです。この金額では余裕綽々、独身貴族というわけにはいきません。まして非雇用ともなると、その大半が200万円台の給料になってしまいますから、一人で生活するだけでかつかつという暮らしが強いられます。

貯蓄は大切ですが、そのせいで生活の質を落とさなければならなかったり、楽しみも享受できなくなるとなると寂しすぎますし、精神的に追い詰められることにもなりかねません。お金だけが人生じゃないよ、と思ってもいいのかも。

この調査では「結婚前にやっておきたかったこと」というものも同時に行われていますが、その結果はちょっと意外です。1位が「元カレ、元カノとの関係清算」だというのですから、(生真面目な?)私としては絶句なんです。だって、ということは、関係を清算しないまま結婚してしまった方が多いということになりませんか?結婚をしてみたら夫にオンナの影がとか、妻にオトコの影がということになるなんて悲惨です。これって、結婚したお相手に対する裏切りにもなりますよね。もし私がそういう男性と結婚してしまった・・・う~ん、すぐに離婚を考えるかなあ。

自分以外に想っている女性がいるということ自体論外ですが、それよりも、過去に対して踏ん切りをつけられない優柔不断な性格、未練がましい性格に、まず嫌気が差してしまうと思うのです。結婚生活では、何度も重大な決断をしなければならない場面に出くわします。そういう時に、こういう男性はきっと決断をしようとせずに逃げてしまうのではないでしょうか。

人生の岐路に立った時こそ、夫のあるいは妻の真価が問われます。「逞しい男性」に頼りたいと思う女心は、肉体的なことより精神的な逞しさを望んでいるのです。スポーツジムで筋骨隆々も否定はしませんが、心の鍛錬も欠かさないでください。もちろんこれは女性にも当てはまることです。常に前向きで誠実な女性こそが、最高の結婚相手なのですから。

<PROFILE>

お世話焼き大好きなおばさんです。まとめたカップル数知れず。結婚をめぐるお話をばちょいと。


QLOOKアクセス解析